葬儀全体の流れ

葬儀全体の流れ

危篤からご臨終⇒納棺⇒お通夜⇒告別式⇒出棺⇒火葬⇒遺骨安置までの、一般的な葬儀全体の流れについてお話します。

1. 危篤
ご逝去 危篤を告げられたら、まずは近親者へ連絡を入れます。その際、ご連絡の範囲は三親等までの親族を目安とします。ご連絡する際には、「喪主」「葬儀の形式、規模、予算」「葬儀業者の連絡先」などを伝えておきましょう。 葬儀業者へ連絡を入れれば、寝台車で病院や施設などへ故人をお迎えに行きます。

2. お迎え(搬送)
故人をご自宅へ安置される場合、業者がお布団の準備をしてくれます。マンションや団地などの集合住宅の場合は、連絡した際にエレベーターの有無も伝えておくといいでしょう。

3. ご安置
病院や施設などからご遺体を搬送する先を決めます。ご自宅への安置が一般的に望ましいとされていますが、難しければ業者にご安置できる施設をご紹介してもらいましょう。 安置が終われば、ご近所の方やご友人の方などが弔問されてもいいように簡易祭壇を飾ります。

4. お打合せ
安置が終わり、葬儀業者と以下のような内容を決めるため打合せを行います。 ・通夜や告別式の日程や式場などの場所 ・火葬する時間 ・葬儀の形式(仏式なのか神式、友人葬にするのかなど) ・葬儀の規模と予算 ・飲食などの量 ・僧侶や牧師などへの連絡 ・香典返しの内容

5. 納棺
故人の旅仕度をし、棺に納める儀式を納棺といいます。納棺の前に業者にお願いして湯灌やラストメイクを行うことが多く、棺には故人の愛用品などを納めます。

6. 通夜
通夜の流れは、ご会葬者受付⇒導師読経⇒ご焼香⇒通夜振る舞いが一般的です。

7. 告別式
告別式の流れは、ご会葬者受付⇒導師読経⇒ご焼香⇒会葬御礼のご挨拶⇒ご出棺となり火葬場へ向かいます。

8. 火葬(荼毘)
火葬場では、血縁の深い方より順番に橋渡しの儀を行います。最後にご収骨します。

9. 精進落とし
火葬が終わると精進落としとなります。お手伝いして下さった方々や僧侶、関係者の方々を施主が接待します。

10. 遺骨安置
精進落としが終わり、ご自宅へ戻って「遺骨」「写真」「位牌」をご安置します。ご自宅へお供えする生花や返礼品の予備なども持ち帰りましょう。

町田 不動産町田 ゴルフスクール

 

不動産投資は必ず必要
不動産投資の初心者でも安心の
不動産投資相談センター
不労所得を目標に、資産1億円を目指します。

中古マンションの購入には必ず必要なのが
良心的な不動産屋さん。
中古マンションの購入なら
さくらエステートがオススメです。


不動産投資 節税 不動産投資 失敗 不動産投資 利回り
不動産投資 ローン 不動産投資 物件 不動産投資 東京 不動産投資 神奈川
不動産投資 リスク 不動産投資 セミナー 不動産投資 収益物件 不動産投資 アパート マンション投資 不動産求人 町田

Calendar