葬儀の式場を選ぶときのちょっとしたコツ

葬儀の式場を選ぶときのちょっとしたコツ

葬儀を行うときに、どの式場を選べばよいのか、という問題は意外と大きなものです。より満足のできる葬儀にするためにも、この段階で手を抜いてはいけません。
では、どのような点を見ることで、葬儀の式場を選んだら良いのでしょうか。そのコツについて紹介していきたいと思います。 葬儀の式場を選ぶときには、まず宗派などを確認しておきましょう。
式場によっては、宗教などが限定されている場合もあり、本人たちの希望の葬儀をすることができない可能性もあります。 また、何よりも式場には、それぞれ特徴があるものです。その特徴について確かめてから、それぞれの式場を比較すること、これが最も大切な式場選びのコツになるのではないでしょうか。
特に、葬儀というのはそれぞれ家族などによって違うものです。そのため、自分達の希望する葬儀に合う式場を選びましょう。 いくつかの式場をリストアップしてから、自分たちの希望に沿った式場を選んでいきましょう。


葬儀における香典のマナーについて

私たちが生きていく中で、必ずしも誰もが葬儀に参加する機会があります。
故人を温かく見送る葬儀の場において、参列者ができることは、香典という形で故人を思い偲び、送ることです。 香典を包むといってもそのマナーがふさわしくなければ、意味がありません。 香典は仏前へお供えするためのものであるため、故人が生前に信仰していた宗派を尊重した葬儀にならった香典用の封筒を用意することが第一とされています。 事務で使用されるような茶封筒などは失礼に当たりますので、事前に故人の宗派を把握しておくか遺族へ確認、もしくは葬儀を執り行う葬儀会社へ問い合わせをすればプライバシーだからと断られることなく教えてもらうことができますので、必ず故人の宗派を確認しておくことをオススメします。
また、葬儀で供える香典などの金銭は、参列者の社会的な地位・立場や、故人との関係性によって相場が異なっています。 自分と見合っていない相場の高い金額を包むことは遺族が気にかけてしまいますし、安すぎる場合であれば礼儀がなっていないと思われてしまいます。
香典を包む際には、故人と自分の関係を考えてバランスよく包むことが大切です。

 
       
       
       
       
       
       
       
       
       

 

Calendar