葬儀の支払いは、現金でないとダメなんじゃないの?

葬儀の支払いは、現金でないとダメなんじゃないの?

葬儀はいつでも突然やってきます。遺族は何がなんだかよくわからないままに、通夜と葬儀を済ませます。そしてやっと支払いになるのです。しかしここでも気をつけておいた方がいいことがあります。それは請求書のこまかい確認です。葬儀当日はバタバタしていて気がつかなくても、別料金は発生していることも珍しくありません。事前に葬儀担当者と打ち合わせておいた通りになっているかを、請求書上で確認するのも遺族としての仕事のひとつです。  
葬儀の支払いについては、現金以外ではダメなんじゃないかと思っている人も多いかと思います。しかし最近では銀行振込で対応している葬儀会社がほとんどではないでしょうか。たいていの場合、葬儀が終わってから2~3日したら請求書と振込用紙が送られてきます。支払いは葬儀後1週間以内というのが一応の目安ですが、さまざまなケースに対応していますので、支払いが遅れそうなときは葬儀会社に相談しましょう。  
現金、銀行振込というのが一般的な葬儀の支払い方法ですが、会社によってはクレジット払いを受け付けているところもありますよ。


自分で葬儀を計画しておく

自分が亡くなった後のことを考えた時には、事前に葬儀についての相談を行っておくとよいでしょう。 葬儀の相談を行うことで、万が一が合った時にも家族に迷惑をかける心配がなくなってきますし、自分が思い描いていた形で送ってもらうこともできるのです。
葬儀社では、自分が亡くなった後のことについても相談に乗ってもらうことができますので、気軽に話を行ってみるとよいでしょう。 遺影に使用する写真についても、自分のお気に入りの写真を選べるようになりますし、写真の背景が気に入らないという場合についても修正してもらうことができますので、一番良い写真を使うこともできます。
また、葬儀の際に流す音楽についても、事前に決めておくことで、自分の大好きな音楽を流すことも可能になってくるのです。 このように、事前に葬儀について検討しておくことにより、家族に負担をかけずに済むようになるほか、自分自身が納得した形で送ってもらえるようになります。

 
       
       
       
       
       
       
       
       
       

 

Calendar