元気なうちに感謝を伝える葬儀がある

元気なうちに感謝を伝える葬儀がある

生前葬という葬儀があるのをつい最近知りました。
ガンなどで余命宣告をされたりして、「死」を自覚した場合、生きているうちに縁者等に感謝の気持ちを持って事前に葬儀を執り行うようです。 本人が主催者となって生前に行う告別式とは、変わっていますね。 本人が今までお世話になった友人や知人を招待して自分の葬儀で感謝の気持ちとお別れを告げるのです。
そうして社会関係に区切りをつけるそうです。 本人が直接、自分の大切な人達に感謝の言葉を伝えることができるのはすばらしいことだと思います。 また、生前に執り行われる葬儀には、長寿儀礼の要素もあるようです。 長寿儀礼とは、生まれ変わることを目的とした通過儀礼のことです。
擬似的な「死」をとおして、今までの人生の重荷をおろし、新たな人生のスタートを切るという考え方です。 こういう考え方は良いですね。 社会的地位のある人が区切りをつけるためにもおこなうそうです。
葬儀にも色々な形があるのだと知りました。 死者のための葬儀とは限らないのですね。"  


自宅で葬儀を行う時の注意点

葬儀を行う時、自宅で行いたいと希望される方もいます。
自宅で葬儀をおこなうときには、スムーズに行えるように注意点についても把握しておくとよいでしょう。 まず、自宅で葬儀をおこなうときには、多くの弔問客の方がスムーズに出入りできるスペースがあるのか確認しておく必要があります。 葬儀を行った時、家族や友人の他、ご近所や会社の関係者など、多くの方が弔問に訪れることになります。 多くの方が出入りできるスペースがないと、葬儀の進行もうまく行えなくなってしまいますので、この点について確認しておくとよいでしょう。
さらに、葬儀をおこなうときには、祭壇も設置する必要があります。 祭壇を設置するためには、広い部屋がなければなりませんので、十分な広さの部屋があるのか確認しておく必要があります。 自宅で葬儀を行いたいときには、このような点についてクリアできているのか検討してみる必要があるのです。 多くの方に、粛々と送ってもらいたいと思った時には、この点に気を付けてみるとよいでしょう。

 
       
       
       
       
       
       
       
       
       

 

Calendar