葬儀は亡くなった方の意図をしっかりと組む

葬儀は亡くなった方の意図をしっかりと組む

葬儀を行う事になった際に、亡くなった方の意図をしっかりと組むようにして下さい。
例えば小規模の葬儀がいいという遺言があった場合には、大規模な葬儀ではなく小規模の葬儀を実施してあげる事によって、亡くなった方も安心する事ができるはずです。
もしも亡くなった方の意図を組まずに葬儀を行ってしまった場合には、ちゃんと天国に行く事ができない場合も考えられますし、納得できる葬儀を実施する事ができない恐れも十分にあります。そのような事がないように、遺言に葬儀の事が掲載されている場合には、しっかりとその希望を叶えてあげるようにして下さい。中には厳しい条件の場合もあるかもしれませんが、それによって亡くなってしまった方が安心するのでしたら、積極的に条件をクリアしていただきたいです。
中々難しい問題でもあるかもしれませんが、亡くなられた方が葬儀に対して、希望や要望がある場合にはきちんと叶えてあげるように最大限サポートしてあげるようにして下さい。

故人が葬儀の内容を決めても良い

葬儀と言うのは、故人の家族が故人を悼むために行なうものですが、業者の中には故人が亡くなる前に直接故人の要望を聞いてその通りの葬儀をするためのサービスを提供しているところもあります。
このような方法を生前葬と言います。 この葬儀の特徴は、故人の要望に応えた葬儀を全て出来るという点にあります。 少し特殊な方法なのですが、この方法は亡くなった後に行なう告別式を故人が生きている間に行なうことを言います。
生前葬はあくまでも本人が行なう葬儀ですので、実際に亡くなった時には別途きちんと死亡の手続きを行なう必要があり、この点に関しては他の葬儀と違いはありません。 生前葬儀では、故人自らが主催者として、しかも生きているときに行なう葬儀になるのですから少し違和感を覚える葬儀になるのですが、実際にこのような方法は年々増加傾向にあり、出来るときに自身の意思で葬儀を希望する人も多いわけです。
法律上もこのようなサービスは何の問題もありませんので、安心して利用できます。

 
       
       
       
       
       
       
       
       
       

 

Calendar