葬儀には注意する点があります

葬儀には注意する点があります

葬儀には通夜と葬式があります。 これを一般的に葬儀と呼びます。 通夜では火を消さないようにするため一晩中火の子守りをする人がついています。
これは昔からの魔除けの儀式であり、現在では半通夜と言って、遺族が残らない場合もあります。 葬式では火葬場までの行き道と帰り道を、同じ道を通らないという風習があります。 これは、埋葬した死霊がついてないようにするためと言われています。 訃報を受けた場合は「ご愁傷さまです」「お悔やみ申し上げます」という言葉をかけましょう。 香典としましては、5000円というのが一般的な相場になります。 連盟であるとか、親しい人である場合は、金額を調整する必要もあります。
葬式や通夜というのは、結婚式よりも出席しないといけないと言われています。 二度と会うことに出来ない葬儀には、何事よりも優先するべき事柄だということです。 服装は通夜に参加するときは、喪服でなくてもいいでしょう。 葬式に参加するには、親しい中の時が多いです。 葬儀に参加するときには、注意することも多いのですが、参加しないというのが一番の無礼に当たると思われます。 仕事があっても優先するのは、葬儀のことであって欲しいと思います。


葬儀について事前に調べておきましょう

葬儀会社選びはなかなか難しいものです。非常に慌ただしく、そして精神的に混乱している中で選択する必要があるのです。
喪主を務めた方や、葬儀を経験された家族に色々と話を聞いてみると、じっくり選んでいる時間が無かったという声を聞きます。 葬儀会社選びは冷静になって考えると、やはり費用面が重要だろうと思いますし、実際に重要なのですが、いざとなったら例えば斎場の場所など、利便性を考えるようです。ある意味現実的な対応とは言えますね。 そして、見積もりを冷静に分析するのもためらわれて、結局は葬儀会社に全て任せるという場合が多いようです。プロに任せるのは間違いはありませんし、実績のある大手の葬儀会社ならば、無難にまとめてくれると思います。
ですが、やはり少しでも費用を抑えたいのは当然です。暇な時で良いですから、近くの葬儀会社のプランをチェックしてみると良いと思います。いざと言う時に冷静に対応出来ますし、費用の目安も分かります。

 
       
       
       
       
       
       
       
       
       

 

Calendar