任意売却と抵当権の関係

任意売却と抵当権の関係

任意売却は、住宅ローン残債がある物件に対して行われる性質上、必ずその住宅には抵当権が設定されています。
通常、不動産売買において、抵当権が設定されている物件を買う人などほとんどいません。売主がローンの財産を滞納すれば、直ちに抵当権によって家を取り上げられてしまうからです。
任意売却の場合、この抵当権があっても売却が可能となりますが、それは、抵当権者(債権者)が、任意売却によって債権の回収を第一の目的としているためです。長期的にお金を貸し利息を得ることが目的ではないという点が、任意売却を成立させる1つの理由になります。
そして、抵当権を外さなければ売却できないという不動産売買の常識に従うためには、抵当権を外してでも任意売却して債権の大部分を回収してしまおうという考え方です。
支払い能力が無い債務者を抱えた債権者が、任意売却をせず抵当権を設定したまま不動産価値が下がるのを見ているのは得策ではなく、また、残債が延滞金によって膨らんでいき回収がますます遅れるのを避けるため、任意売却は利用されています。


任意売却の仕事は、いろいろな知識とより多くの経験が必要です

任意売却の仕事というのは、債務者の先々の生活設計など大切なことを取り扱うものです。
そのため、任意売却は失敗しないように慎重に取り扱う必要があります。 任意売却の仕事には、いろいろな知識とより多くの経験が必要になってきます。場合によっては、司法書士・弁護士などのそれぞれのプロの方に協力してもらうことも必要になります。
しかしながら、一概に司法書士・弁護士と言っても、任意売却を今まで扱ったことがないような多くの不動産業者があるするように、専門の分野が違っている方がいます。
どのような専門家に、任意売却について協力してもらうのが最もいいのかということを見極めできることが必要になります。 また、任意売却を行った後に残った住宅ローンについて、債務者が新しい暮らしを行うことができるような支払い額で、債権者が対応してくれるかということがポイントになります。
このようなことを上手に交渉できることも、任意売却の業者の経験で大きく異なってきます。

東京都下(市部)】
任意売却 八王子市/ 任意売却 立川市/ 任意売却  武蔵野市/ 任意売却 三鷹市/ 任意売却 青梅市/ 任意売却 府中市/ 任意売却 昭島市/ 任意売却 調布市/ 任意売却 町田市/ 任意売却 小金井市
任意売却 小平市/ 任意売却 日野市/ 任意売却 東村山市
任意売却 国分寺市/ 任意売却 国立市/ 任意売却 福生市/ 任意売却 狛江市/ 任意売却 東大和市/ 任意売却 清瀬市/ 任意売却 東久留米市/ 任意売却 武蔵村山市/ 任意売却 多摩市
任意売却 稲城市/ 任意売却 羽村市/ 任意売却 あきる野市/ 任意売却 西東京市 任意売却 瑞穂町/ 任意売却 日の出町/ 任意売却 檜原村/ 任意売却 奥多摩町

Calendar