任意売却のメリットについて

任意売却のメリットについて

自宅を購入する際には銀行からローンを組んで行うことがほとんどで、その場合その自宅には銀行の抵当権がついています。
そしてローンを支払い終えれば抵当権が抹消されることになるのですが、近年の不況やリストラなどによってローンの返済が困難になることもあります。
そうして支払いが遅れるようになると、銀行としてもローンの一括支払いを求めることになり、それでも支払いがなければ抵当権を実行することになります。 抵当権を実行すれば競売の手続きが始まり、その手続に則って買い手が付けばその代金は銀行に支払われ、債務の回収が完了します。
ところがこの競売は市場価格の6割程度が相場で、銀行にとってはあまりおいしい手続きではありません。債務者の側としても債務の額がそれほど減らない可能性があるので、そういった場合に任意売却の制度が活用されます。
任意売却であれば市場価格に近い値段で売却できますから、双方にとって任意売却はメリットです。 任意売却専門業者もネットで探せば見つかりますから、ぜひ任意売却を検討する際には考えてもよいでしょう。


任意売却のタイミングと債権者からの話の持ち掛け

住宅ローンの残債が不動産の価値より上回っている場合、何らかの事情で住宅ローンが残っている家を任意売却をしたくても、基本的には金融機関が債務者に返済能力が残っていると判断した場合、任意売却には応じないことが多いです。
金融機関からしてみれば、任意売却によって住宅ローンの残債を全て回収出来る見込みがないのなら、債務者から回収する方が確実だからです。 なので金融機関から任意売却の承諾を受けられるのは、住宅ローンの返済を3~6ヶ月滞納した後になります。 このときに自分の方から任意売却をしなければ、家は競売にかけられ、時間が経つにつれて任意売却をするのが難しくなっていきます。
ただ、債権者としても手数料がかかり市場価格より低く売ることになる競売を行うよりは、任意売却をした方がより残債を回収出来るので、債権者側から任意売却の話を持ち掛けられ、不動産業者を指定されることもありますが、このときは自分で不動産業者を選んだ方が良い場合が多いです。

【神奈川県(横浜市)】
任意売却 鶴見区/ 任意売却 神奈川区/ 任意売却 西区/ 任意売却 中区/ 任意売却 南区/ 任意売却 港南区/ 任意売却 保土ヶ谷区/ 任意売却 旭区/ 任意売却 磯子区/ 任意売却 金沢区
任意売却 港北区/ 任意売却 緑区/ 任意売却 青葉区/ 任意売却 都筑区/ 任意売却 栄区/ 任意売却 泉区/ 任意売却 瀬谷区/ 任意売却 戸塚区
【神奈川県(川崎市)】
任意売却 川崎区/ 任意売却 幸区/ 任意売却 中原区/ 任意売却 高津区/ 任意売却 宮前区/ 任意売却 多摩区/ 任意売却 麻生区

Calendar