葬儀社選びのコツ

葬儀社選びのコツ

よい葬儀をあげるための葬儀社選びのコツとは? 一番分かりやすい方法は、葬儀社の担当者が大きなポイントといえます。

葬儀を考える場所や規模によっても費用は大きく異なりますし、担当者と直接面談をすることで要望の葬儀形式に本当に詳しいのか?と考えます。それには、実際にいくつか質問をして、その担当者からの回答姿勢をうかがう事です。

こうした事で経験的な事、人柄・人間性もおおよそ感じとる事もできるといえます。その担当者が地域的に伝わる葬送事情や、宗教慣習、土地柄にも詳しい事も重要なポイントなのです。 電話だけではなかなか伝わり難い事があるので、その対応をしっかりチェックする為にも実際に会って判断しなければなりません。

担当者と話しをするとき、自分の考えている要望を具体的にまとめて伝えてみましょう。基本的な事は担当者がしっかりと話しを聞いてくれているか? 自分達の希望を汲み取ろうとしてくれているか?です。 やり直しの出来ない2日~3日間のお葬式の全てを任せる事になる担当者ですので、良かった悪かったなど、最終的な満足度に大きく関係してきますので、しっかりチェックしておく事が大切なのです。

お葬式とは、人が人を弔う儀式です。ここには葬儀会社へ高額なお金を払えば全て満足できる訳でもなければ、葬儀施行の技術的なテクニックも本来必要ではないはずです。葬儀社は業務として葬儀を滞りなく進行できるのは、葬送儀礼のプロとして担う当然の事だからです。これらが最も注目をするべき事です。

会社の規模や知識よりも葬送儀礼の施行担当者が、持つべき人としての人間性を優先する事が一番大事な事だと言うことなのです。 つまり、基本は「人」と言うことです! 葬儀という儀式は単なるセレモニーではなく、残された家族が「想い」を整理し、新たな生活を行うための大事な時間、また、あの世に逝った故人の様々な「縁」を継ぎ、結び、残す大切な機会だと捉えています。

葬儀は、そんな大切な「縁を継ぎ・結ぶ」なのです。一番に考えなければならない事は、送る人への想い、また、その人のために、どんなお葬式にしたいのかを考えることです。「想い」と「カタチ」を明確にすれば、「安心・納得」の葬儀につながるのです。

一昔前は、見積りをした葬儀社に依頼すればよかったのですが、今は見積りをしない業者は論外です。最近では業者を見分けるポイントとして最低でもHP等で会社概要や個人情報保護方針が明記されているところを選ぶ事をおすすめします。

また、ホームページやチラシ等低価格をうたっておきながら、見積もり金額が大きく違う場合などがありますのでよく注意しなければなりません。

地域別葬儀情報・東京都下(市部)
葬儀 八王子市  葬儀 立川市  葬儀 武蔵野市 葬儀 三鷹市 葬儀 青梅市
葬儀 府中市 葬儀 昭島市 葬儀 調布市 葬儀 町田市 葬儀 小金井市
葬儀 小平市 葬儀 日野市/ 葬儀 東村山市 葬儀 国分寺市 葬儀 国立市
葬儀 福生市 葬儀 狛江市 葬儀 東大和市 葬儀 清瀬市 葬儀 東久留米市
葬儀 武蔵村山市  葬儀 多摩市 葬儀 稲城市 葬儀 羽村市 葬儀 あきる野市
葬儀 西東京市 葬儀 瑞穂町 葬儀 日の出町 葬儀 檜原村 葬儀 奥多摩町

 

 

Calendar