自然葬

自然葬

一般的に葬儀社によせられる自然葬に関することをまとめておきます。自然葬を執り行うには、自然葬の要望にできるだけ沿う事のできる葬儀社を選ぶことが大切です。

まず始めに自然葬とはどちらかというと葬儀の形式ではなく、納骨や散骨(さんこつ)の形式と言ったほうが適切だといえます。大きく分けて自然葬には、海への散骨と山への散骨という二つの方法があります。この他に、ヘリコプターで空からの空中散骨や、特別なカプセルに粉末状の遺骨を入れ、ロケットで宇宙にカプセルを放つ宇宙葬なども自然葬と言えるでしょう。

自然葬とは言いましても、特に山=陸地に散骨される場合は海上に比べると少々制限を受ける事があります。地上である以上その土地には所有者(地権者)がいます関係上、どこでもできるという訳にはいかないのです。 それならば、自宅なら?とお思いの方もいるかもしれませんが、これは国の定める墓地・埋葬法等や、法務省刑法第190条「遺骨遺棄」等の法律上の関係上できないのです。

自然葬を希望される方の中には、ご自身の生前のご相談を受ける事がとても多くあります。 夫婦間の事情や、墓地後継者の問題等、事情は様々にございます。ここで大切な事はご自身の生前であればその遺志をしっかりと適切な形で家族に伝えておくことと、残しておく事をおすすめします。自分の考えを公正証書として、法的にも有効な書面として残しておく事もできます。しっかりと信頼のできる専門家の方にご相談をして、公証役場への届けを済ませておくと安心といえます。

自然葬を執り行える葬儀社の選択のポイントとしては、自然葬の相談と施行の経験を多く持っている事は勿論、葬儀社自身がどこまで、自社内で自然葬の施行項目に実際に携わっているのかを知ることが一番です。 それがどういう事かと言うと、葬儀社といっても実際に海洋葬であれば自社で専門の船を所有しているのか?遺骨は約2㎜~5㎜の粉末状にする必要がありますので、その粉末の処理も自社でできるのか?などです。

これらの殆どは海洋葬専門の、葬送業者等に外注されている事が多いからです。外注となる以上、当然に外注による利益加算も実際に発生する事が一般的であり、費用負担面においても消費者としては不利益な事も考えられます。 こうした事からも、自然葬には自然葬を専門におこなっている、葬送業者に任せる事が儀式全体を通して、担当者の方が初めから細かく要望を把握できている事や、費用面においても同一の業者内施行の為、費用負担を軽減する事も可能な場合が多いのです。

この事は山への樹木葬にも同じ事がいえるでしょう。 しっかりと定められた山林や、植樹のできる専門の樹木葬埋葬地との関係を良質に持っている専門業者に任せたほうが安心であり、より納得のいく満足感を葬儀後に持てるでしょう。

葬儀地域別情報・神奈川県(横浜市)
葬儀 鶴見区 葬儀 神奈川区 葬儀 西区 葬儀 中区 葬儀 南区
葬儀 港南区 葬儀 保土ヶ谷区 葬儀 旭区 葬儀 磯子区 葬儀 金沢区
葬儀 港北区 葬儀 緑区 葬儀 青葉区 葬儀 都筑区 葬儀 栄区
葬儀 泉区 葬儀 瀬谷区 葬儀 戸塚区
葬儀地域別情報・神奈川県(川崎市)
葬儀 川崎区 葬儀 幸区 葬儀 中原区 葬儀 高津区 葬儀 宮前区
葬儀 多摩区 葬儀 麻生区

 

Calendar