海洋葬とは

海洋葬とは

海洋葬とは、お葬式という事よりも、一般的にいえば葬送の形式と考えたほうがよいでしょう。 文字通り海が舞台であり、遺骨を海に撒いてみおくる葬送の儀式なのです。

日本の場合には、墓地埋葬法という法律の観点から、海に遺骨を撒く海洋散骨は広く知られていませんでした。現在では厚生省生活衛生局が発表した公式見解から、「厳粛に節度をもって行う」という考えを基に、最近になって全国各地で実施されるようになりました。同時に法務省刑法第190条「遺骨遺棄」については、葬送の目的の為に厳粛に節度を持って行うのは違法行為ではないとの解釈がなされています。 「海であれば、漁場、海上交通などの要所を避けて、陸地より約3海里以上離れた沖合いで厳粛に拳行する」が実際の節度となります。

また、海洋葬には「海洋葬儀証明書」が料金にセットされているところが大半です。散骨された指定海域の海図の発行や、記念碑なども含まれています。そして残された家族の為に、心の思い出に残るようにと実施されています。 この時の海洋葬で、仏教式のお経をあげてもらい、供養してもらう事もできます。僧侶にも乗船していただき、海上でお経を読んで見送られていく事も、いまでは一般的になってきました。

最近では特に、海外でおこなわれる海洋葬も増えてきています。場所も、グアム・ハワイ・オーストラリア・バリ島などが注目されています。特にバリ島の持つ神秘的なイメージから増えている要素だといえることでしょう。

海洋葬の料金は、船舶の規模にもより異なりますが、2~3家族が同時に乗船しておこなう合同散骨で約10万円位が相場となっています。家族や親族は乗船しないで、海洋葬専門業者に任せて、指定されている海域で散骨をしてもらう場合は約5万円位ですが、花束の内容によっても費用は異なります。

海外を希望される場合は、これに参列者の渡航費等が加算されることも忘れずに。いずれにしても業者により費用が異なっていますので、事前に費用と内容も検討しなくてはなりません。 海洋葬も専門性の高い技術といえます。 

葬儀社だから、すべてが対応のできる儀式ではありません。一番大切なことは、海洋葬であれば、海洋散骨の専門業者に直接に相談して、依頼をすることで、費用と内容に関してだけではなく、心に残る満足した儀式にしなくては意味がないからです。海洋散骨の専門葬送業者のご案内は、事前相談をしても紹介してもらっても、費用がかかるという事はありません。

葬儀地域別情報・神奈川県(他市・町)
葬儀 相模原市 葬儀 鎌倉市 葬儀 逗子市 葬儀 三浦市 葬儀 葉山町
葬儀 厚木市 葬儀 大和市 葬儀 海老名市 葬儀 座間市 葬儀 綾瀬市
葬儀 愛川町 葬儀 清川村 葬儀 平塚市 葬儀 茅ヶ崎市 葬儀 秦野市
葬儀 伊勢原市 葬儀 寒川町 葬儀 大磯町 葬儀 二宮町 葬儀 南足柄市
葬儀 中井町 葬儀 大井町 葬儀 松田町 葬儀 山北町 葬儀 開成町
葬儀 小田原市 葬儀 箱根町 葬儀 真鶴町 葬儀 湯河原町 葬儀 城山町
葬儀 藤野町

 

 

Calendar